旧 hoya_t blog【更新終了】蕨市議の保谷武(ほやたけし)のブログ

新しいブログに移行済みです。
→ http://www.hoyatakeshi.com/blog/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『あたし彼女』
今話題の、ケータイ小説大賞受賞作品wなんだけど、取り敢えず10ページくらいよんだ。

http://nkst.jp/pc/index.php

とにかくきもくてむかつく。読んでてだるい。

まあしかし、これを読み切ったら、何か今まで見えなかったものが見えてくるようになりそうな気もしたりしなかったりするので、何とか頑張って最後まで読んでみようと思う。



言葉のセンスが古い感じがするんだけど、意外と著者ってオッサンなんじゃないか?
| 読んだ本 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
この本読みました。池井戸潤, 『オレたちバブル入行組』
行きつけのバイク屋でCBR1000RRの18ヶ月点検、オイル交換、リヤタイヤ交換を待っているときに、暇つぶしに本屋で買って読んだ。

銀行の社内人事・政治を舞台に、不正融資とその債権回収をテーマにしたストーリ。小説としては粗筋は単純なんだが、基本的には勧善懲悪、ハッピーエンドで、安心して読める。
続きを読む >>
| 読んだ本 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
この本読んだ。『成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者』
レイ A.クロック,ロバート・アンダーソン
プレジデント社
¥ 1,500
(2007-01)
Amazonランキング: 140位
Amazonおすすめ度:
勇気が湧いてくる本
内容は最高の一冊
挑戦と情熱のマクドナルド誕生物語
マクドナルドの事実上の創業者の方の自叙伝。
翻訳文章もテンポいいので、すいすい読めた。

エンタメ本として、面白い。

おおむね、当初の狙い通りにマクドナルドのハンバーガーは大ヒット!まさに俺の狙い通りさ、すごいだろう!?という、彼の国の人らしく「俺ってすごいアメリカンドリーマー」という感じで、楽観主義に貫かれている。

ライセンスを受けているマクドナルド兄弟の確執、側近と方針が合わなくて社内に派閥が出来てしまう、資金調達に苦労して家を担保に借金しちゃって奥さんと離婚することになったり・・・などトラブルもたくさん、もちろん山アリ谷ありなんだけど。



50歳越えてからの創業っていうのもすごいね。
がむしゃらに働いて、それなりにお金があって(レイ・クロックさんは、マクドナルド創業前にミキサーの卸としてそれなりに成功してた)、それでも尚、上を目指してお店の便所掃除とかの現場仕事もいとわずに頑張ろうとする人の頭ってどうなってるんだろう。
続きを読む >>
| 読んだ本 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
読んだ本『検索エンジン戦争』
SEOコンサルティング会社のECジャパンのジェル・ルート氏の著作。

検索エンジンビジネスの「過去の歴史」を俯瞰して書いてある。この当たりを、一通り手っ取り早く知識として仕入れたい方には最適な本。



2005年8月に、全篇書下ろしにて発刊されたとのことだが、情報は古過ぎ。
続きを読む >>
| 読んだ本 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
この本読んだ 『アマゾンの秘密』
松本晃一, 2005年, アマゾンの秘密, ダイヤモンド社



アマゾン日本法人の立上げに関わった方の体験談。
続きを読む >>
| 読んだ本 | 23:51 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
この本読みました。『マッキンゼー流 図解の技術』
本屋でどかっと平積みになってるのをちらっと見て気になっていて、amazonで買ってしまったのだけど、これが大失敗。
続きを読む >>
| 読んだ本 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
この本読んだ 『誰も言わなかった! 飲食店成功の秘密』
誰も言わなかった! 飲食店成功の秘密
2002, 大久保一彦, フォレスト出版

GWベトナム旅行で、サイゴン市内の外人向けバーのビジネスモデルに感激し、サイゴンで日本人の駐在員と旅行者(バックパッカーは除く)向けのバーをやろう、という目標というか計画というか妄想というかに取り付かれている。それで最近、この手の本を読み漁っている。

飲食店の成功のための理論は、かなり研究され尽くされており、もはやサイエンスの世界だ。敢えて4Pに置き換えると、
Product = 飲食メニュ企画開発、従業員人事・労務管理
Price = 価格政策
Place = 店舗立地選び
Promotion = 集客施策
これらが重要なポイントということになると思うけど、成功のための法則は、幾つかのこの手の本で重複して述べられていること、ということになるのだと思う。

で、この本に書いてあった「成功の秘密」というのは、言われてみれば当たり前じゃんそんなの、ということばかり。特に突拍子もないことは何もない。重要なのは、いかにこれらの成功のための法則を、地道に、真面目に、アホみたいにコツコツと実行していくか、ということなのだと思う。

生産管理の分野におけるトヨティズムと一緒ですな。たぶん。トヨティズムなんて、その手の本に書いてあることは全て当たり前のことばかりだけど、それを実行するのが難しい♪ と。あー、ちょっと違うか。トヨティズムのキモは、組織作りか。でも本質は多分一緒だと思う。
| 読んだ本 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
この本読んだ 『なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか』
なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか

キャッチーなタイトルに惹かれて、本屋で平積みになってたこの本を衝動買い。さくっと読んでしまいました。内容もたいしたことなし。あまり印象に残っていない。現代の消費者行動を分析したような感じの内容なのですが、マーケター的には当たり前のことしか書いていなかった。

速攻でamazonマーケットプレイスで売却。買値1,000円の本が600円で売れました(^-^)
| 読んだ本 | 03:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
jognote
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS